陶芸ノート Fall 2003

今回は、基本の手びねりのクラスを2回目ですが取ってみました。がむしゃらに作るだけの時代は終わった!今までは「数打ちゃ当たる」方式でひたすら品数を多く作ることにかけてきましたが、でも結局ろくに当たらないということを(やっと)学びました。今回はなるべく何を作りたいのか計画的に、一つ一つの作品に時間をかけて…というつもりでやってみました。陶芸って、作品が出来上がるまでのプロセスがいろいろあって、時間もかかって、完成までの間に面倒になってきちゃうこの性格との闘いが一番の課題です。


No. Photo/Dimention Data Comment
1 001
直径11.5cm×高さ6cm

Black Mountain,
Bird Blue,
Reduction

 

まずは基本中の基本、手びねりのお茶碗。写真ではわかりませんが、高台は丸ではなくおにぎり型の三角につけてみました。
2 002
直径約3cm
porcelain,
Woods Celedon/Oribe,
Reduction/Oxidation
庭のハーブの葉をかたどって作った箸置き。残念ながら、Oribeの方は色が濃く出たために葉っぱの模様はほとんど見えなくなってしまいました。その上釉薬をかけるときにうまくいかなかったようで、模様の上ではじいてしまったものが続出。写真のものは全27個作ったうちの、まだ使えそうなもの達です。
3 003
14cm×19cm×高さ7cm
B-Mix,
Copper Carbonate,
Clear,
Oxidation
ふちにつけた緑のCopper Carbonateが全体に滲んでしまい、透明釉のはずが全体が緑に。真ん中の葉っぱを押した部分は、あまりはっきり出ませんでした。
4 004
13cm×20cm×高さ6cm
B-mix,
Kring Copper Red,
Oxidation
上のお皿と同じ型で作ったもの。内側のでこぼこは、スタジオの外のコンクリートの床からとったものです。この釉薬は、たっぷりたまったところにガラスのようなひび割れが出るのがお気に入りで、思いっきり厚くかけてしまいました。先生の意見では、ここまで厚くかけない方がでこぼこ模様が引き立ったのでは?とのことでした。う〜ん、そうかもしれない。
5 005
13cm×14cm×高さ6cm
Black Mountain
Eucetace White,
Reduction
手で作るクラスなのですが、学期の最後には少しろくろもやることになっています。私はこのクラス2回目ということでちょっと順番を変えて、ろくろも最初から始めちゃいました。夏に常滑で見た日本の陶器の薄さ、繊細さに影響を受けて、今回はちょっと薄く作るのを目標に。第1個目は写真の通り、歪んだお茶碗になってしまいました。
6 006
11cm×11.5cm×高さ5.5cm

Black Mountain,
Eucetace White,
Reduction

 

上のよりはちょっと小さめ。全体のバランスとしては、ちょっと高台が小さすぎるか?歪みは少なめです。…と言っても写真で見ても曲がっているような?。
6.5 0065
直径11cm×高さ5.5cm

Black Mountain,
Sierra Stone Green,
Oxidation

 

お茶碗3つめは、より形が安定してきました。薄さもいい感じ、というより薄すぎ?釉薬のチョイスはいまいちでした。
7 007
6.5cm×7.5cm×高さ4.5cm
Black Mountain,
Maria's White,
Reduction
実はお茶碗を作っていたのに、ろくろで成形中に失敗して上が切れてしまった。残った粘土でできたのがこのミニミニたれ入れです。
8 008
直径8cm×高さ9cm(左)/ 直径9.5cm×9cm(右)
Black Mountain,
Eucetace White,
Reduction
ビアカップ。左側のものは内側に釉薬をかけていないもの、右はかけたもの。果たしてビールの味は違うのか?ビールを抱いて眠りたい(父)にこれまた試してもらうことにしましょう。形的には右側のものの方が好き。
9 009
直径8.5cm×高さ12cm
Black Mountain,
Maria's White,
Reduction
上のものよりは少し背の高いカップ。写真ではわかりにくいかもしれませんが、ちょうど釉薬の掛かり終わりのあたりが形状的にも若干膨らんでいて、そこで釉薬が止まっているのでそれが妙に強調されてバランス悪し。難しいものです。
10 010
直径14cm×高さ15.5cm
Black Mountain,
Eucetace White, Oribe
Oxidation
下と同じような注器を作るつもりだったのですが、底を削っているときに削りすぎて穴があいてしまいました。仕方がないので穴をきれいにあけ直し、植木鉢に。
11 011
11cm×15cm×高さ15.5cm
Black Mountain,
Eucetace White,
Oribe
冷酒用の注器。先生にも指摘された通り、取っ手がもう少し長い(というか背が高い)方が、バランスがよかったかも。あと液だれもそこそこあります。垂れない容器って、どうやったらできるのでしょうか。
12 012
直径15cm×高さ6.5cm
Black Mountain,
Sierra Stone Green,
Oxidation
親子丼などに使える中くらいのサイズのどんぶりが欲しかったので、挑戦してみました。がんばって薄く作りました!歪みもなく、なかなかいい感じ。でも釉薬の色はいまいちだ。マットな釉薬はあまり好きではないのかもしれない。
13 013
直径15cm×高さ7cm
Black Mountain,
Tenmoku,
Oxidation?
どんぶり第2弾。よく似たサイズですが、こちらの方がちょっと背が高くてバランス的により美しい形。釉薬もとってもいい色に出ました。ところどころ鉄の点が出ていたり、チョコレート色の部分あり、より黒っぽい部分もありでなかなかいい感じです。残念ながら写真にはよく写りませんでした。先生もこの釉薬はきれいに出たね、とおっしゃってくださいました。Reductionに入れてもらったような気もするんだけど、仕上がりはOxidationっぽい。
14 014
11cm×11cm×高さ1.5cm(小)
13.5cm×25cm×高さ1.5cm(大)
B-mix,
Kring Copper Red,
Oxidation
入れ子になったお皿。丁寧に、反りが出ないようにゆっくり乾燥させ、乾燥後は入れ子がきちんとはまるように時間をかけて削って形を整えました。残念なことに角に釉薬がはじいた部分ができてしまったのですが、本焼き後も反りもなく入れ子もぴったり。あとはこれを何に使うかが問題です。
15 015
9cm×9cm×高さ9cm(それぞれ)
Black Mountain,
Maria's White,
Reduction / Oxidation / Reduction
これが今回のクラスで私のテーマとして(2回目なので好きなことをテーマにしていいと先生がおっしゃったので)地道にがんばった「引き出し箱」です。本当はお土産物にあるような千代紙のタンスのように何段もあるものができればすごいけど、まずは引き出し1つから挑戦です。写真から一目瞭然だと思いますが、上から順に1回目の挑戦、2回目、3回目、と続きます。1回目は粘土の厚みが足りず引き出しがスカスカ。2回目のものは、隙間は減ったものの、接合部の造作が甘く本焼き後に隙間だらけになってしまいました。3回目は接合もましになり(ただし内側にはまだ若干のひび割れあり)引き出しのはまり具合も良くなりました。ただ、本焼きの時に少し反りが出て引き出しが出せなくなってしまい、取り出そうとする作業中に表面が少し欠けてしまいました。とにかく気を使うべきことがたくさんあって、引き出しをきちんと作るのって思っていたよりも難しかったです。
16 016a
016b
12.5cm×14cm×高さ16cm
直径6.5cm×12cm(中の筒)
Black Mountain,
釉薬なし / Eucetace White,
Reduction
今期最後のプロジェクトは彫って彫って彫りまくった籠目の器です。キャンドルホルダーにも、花器にも使えるようにと思い内側に入れる筒も作ったのですが、この形と色がなかなかの問題作。中の筒が目立つのもいいかと思い白の釉薬をかけたのですが、ちょっと変な感じ?先生には中のものも楕円にした方がよかったのではとのご意見をいただきました。ふーむ。出来上がりがどんな感じになるのか、作っている最中には想像しきれないので、決断が難しいです。とりあえず、中の筒なしでキャンドルか電灯を入れるのが良さそうです。筒は機会があれば作り直すことにしましょう。

topに戻る