陶芸ノート Spring 2004 (soda firing)

有志で行うsoda firingに参加しました。 今回は2回目の体験ということで、燃え盛る窯の中にsodaを投入するのも怖がらずにできました。


No. Photo/Dimention Data Comment
1 001
直径21cm×高さ19cm

Bravo Buff,
Clear

とにかくワインクーラーが作りたくて、ずっと挑戦し続けています。これはとうとう思い通りの大きさになりました。最後に入れた指跡のくねくねも私好み。ところが!窯入れのとき事故でものが落ちてきて、縁の一部が欠けてしまったのです。残念!ソーダのかかり具合もいい感じなので、捨てるのは惜しく、鉢カバーにしました。
2 002
14.5cm×15.5cm×高さ7.5cm

Bravo Buff

すりばち。口の部分が四角く仕上がっているのが気になるけれど、直接口をつけるものではないのでOKと致します。小さめで、テーブルにそのまま出せるすり鉢が欲しかったのですが、いざ出来上がってみると、アメリカンサイズに慣れてしまった今、おかずは二人なのに四人分作ってしまうことが多いため、このサイズでは小さすぎるみたいです。これを機会に「腹八分目」生活を目指すべきかもしれません。
3 003
直径8.5cm - 10cm
高さ7.5cm - 9cm
Bravo Buff,
Clear
夏に陶器のカップで冷茶を飲みたい!と思い、たくさん作りました。えくぼのある子ない子、背の高い子低い子、細い子太い子…。バラエティに富んだ、といえば聞こえが良いかもしれないけれど、要は同じものを2つとして作ることはできないのです。
4 004
7cm×11.5cm×高さ7.5cm
受け皿の直径10cm
Bravo Buff ,
Clear
風船作り(ろくろで引いたときに上を閉じて球状にする)で作ったしょうゆ差し。形といい取っ手と良い、私の好み通りの仕上がりです。しかし、残念ながら焼成時にひびが入ってしまっています。飾り専用。受け皿のつもりで作ったお皿2枚は、豆皿として活用することにします。
5 005
11cm×16cm×高さ16cm
Bravo Buff,
Clear
これも前々から欲しかった、冷茶などに使えそうな大きさのピッチャー。ちょっと重めの仕上がりですが、まあ良いでしょう。
6 006
3.5cm×4cm×高さ3.5cm

Bravo Buff

ミニミニ急須。親指の先ほどしかない本当に小さなものです。いくらミニチュアとはいえ、もう少し大きくても良かったかも。前回つくったミニ茶碗とも、スケールが合いません。

topに戻る