陶芸ノート Winter 2004 (soda firing編)

今回初参加の、soda firingという、いつもとは違う窯焚きで焼いた作品たちです。窯に作品を入れるところからはじめて、soda ashを灼熱の窯の中にスプレーし、出来上がりを窯から出して片付けるところまで…すべての過程を参加者みずから行いました。いつもは、棚においておくといつの間にか作品が焼き上がってくるという、完全な人任せだけれど、今回の体験でいよいよ陶芸の心髄に迫って来た感じです。やきものを焼くってかなりの重労働。でも、だからこそ、出来上がった器たちが、特別な存在になるのかもしれません。


No. Photo/Dimention Data Comment
1 s001
直径10cm×高さ6cm

B-mix,
Bisqueware,
Clear(内側)

 

この器だけが、白いB-mixという粘土で作ったものです。素焼きだけした状態でガレージに眠っていた小鉢。
sodaがたくさんかかった部分はブルーグレー、そうでないところは、淡いグレーやオレンジ色になっています。
2
002
← 積んだらこんな感じ。けっこうぴったり!
 
直径(最も長いところ) 6cm(大), 5.5cm(中), 5cm(小)
Tuff Buff,
Greenware
(よ)が家で作った、小さなたれ入れ。入れ子になっています。Wadding(くっつき防止の粘土玉)を使って積み重ねて焼いたので、一番上のものが特にたくさんsodaがかかっています。下の段は焼き締めっぽい感じ。
3 003
直径5.5cm
Tuff Buff,
Greenware,
Tenmoku / Maria's White(一部)
丸いクッキーカッターで抜いて、たくさん作った箸置き兼豆皿。いろんな模様を着けてみました。積み重ねて焼いたものもあります。一部glazeを筆で塗ったものもあり、またsodaのかかり具合にもよって、いろんな色が出ました。
4
004
 
→ つる付きの方に、焼き鳥を盛りつけてみました。ちょっと盛り過ぎという気も…。
004
11cm×33cm(つるの高さ約15cm)
Tuff Buff ,
Greenware,
Tenmoku
長い板皿。1つには、ぶどうのつるで取っ手をつけました。焼き物を盛ると似合います。チーズなんかを乗せても良さそうな気がします。
5
005
 
→ 上の写真で一番上に写っているもののアップ。
005
11cm×28.5cm
Tuff Buff
Greenware,
Maria's White
上のものより少し短い板皿、焼き魚用。おいしいお魚が食べたい。
6
006  
→ 内側はこんな感じ。
006
(左から)直径8cm×高さ8cm /
直径9cm×高さ7cm / 直径8cm×高さ8cm

Tuff Buff ,
Bisqueware,
釉薬なし / Eucetace White / Shin's Shino
(内側のみ、左から順に)

 

カップ3点。一番右のものは、内側の釉薬がぽろぽろはがれそうになっていて危険だったため、reductionで焼き直ししました。
7
007
007
007
007
背の高さ8cm 鼻からしっぽの先まで9cm
Tuff Buff ,
Greenware
最も時間と労力をかけて作った、手乗りHannaちゃんです。正面から見ると、「おやつ欲しいよ〜」という時の顔。
8
008
 
 
008
直径6cm×高さ3.5cm(左)/ 直径5.5cm×3.5cm(右)
Tuff Buff ,
Bisqueware,
Maria's White(内側)
お猪口2点。左のものは、家のろくろで作って、庭先で乾燥中にぶつけて変形してしまったため、急遽おにぎり型に変更になりました。
9 009
直径5cm×高さ4cm(左, ふた含む) / 直径4.5cm×高さ2.5cm(右)
Tuff Buff ,
Greenware,
Tenmoku (左, 内側)/ Maria's white(右)
手びねりで作ったミニチュアふた付き丼とお茶碗。丼は丁寧に表面の削り模様まで入れて作ったのに、完成後に落として割ってしまいました。もともと実用品ではないので、ボンドで修復してあります。
10
010
 

→ 内側。釉の溜まったところに濁った白い点々が出ています。

010
16cm×15cm×高さ6.5cm
Tuff Buff ,
Bisqueware,
Eucetace White(内側)

片口中鉢。ずいぶんどっしりした感じになってしまいました。外側は半分くらいは茶色っぽい色。残りはよりsodaが厚く掛かって淡い緑のガラスっぽい感じです。

11
011
 
→ 内側。
011
14.5cm×13.5cm×高さ6cm

Tuff Buff,
Bisqueware,
Maria's White(内側)

中くらいのサイズのボウル。どうも内側の色合いが微妙…。外側は、ビードロみたいにたれているところあり、茶色っぽいところありで渋い感じです。
12 012
直径3cm×厚み1.5cm
Tuff Buff,
Greenware,
Maria's white(窪みのみ)
おはじきタイプの箸置き。前回作ったものは、小さすぎるのと座りが悪いのが家族に不評でした。今回は底を平らにして安定感を重視。しかし窪みのサイズはまだ小さすぎるかもしれません。箸の一番細いところでないと、乗り切らない。
13 013
16cm×11.5cm×高さ17cm(つる含む)
Tuff Buff ,
Bisqueware,
Eucetace White(内側)
何期にもわたって制作を試みている冷酒器。ぶどうのつるの取っ手をつけました。ぶどうは藤のようには簡単に曲げられず、折り目のところがすこし裂けています。強度的に心配?
14 014
15cm×11cm×高さ19cm(つる含む)
Tuff Buff,
Bisqueware,
Clear(内側)
冷酒器その2。こちらの方が形も気に入っているし、ぶどうの取っ手も上のより上手にできています。しかし、作業中に、取っ手がつく部分を片方割ってしまいました。ちょっと細すぎて弱かったかもしれません。ボンドでつけてあるのですが…これまた実用上は強度が心配かも。
15 015
6.5cm×3.5cm×高さ1.5cm
Tuff Buff,
Greenware
木の葉の形の箸置き兼豆皿。
16
016
 
→ 裏側。
016a
直径14.5cm×高さ2.5cm
Tuff Buff,
Greenware,
Maria's White (brush stroke)
中皿。soda firingでは、同じ土、同じ釉薬でも窯の中の位置などの条件で結果は本当にいろいろになります。これはほかのものに比べると白っぽい出来上がり。気に入っています。
17
017
 
→ 裏側。
017a
14.5cm×13.5cm×高さ5cm
Tuff Buff,
Bisqueware
スープボウルにちょうど良さそうな浅い器。これも白っぽい、淡い色合いになりました。
18
018
← tenmoku釉が厚すぎて底に溜まっています。黒くて重油みたいで怖い。
→ 裏側。部分掛けした釉薬が厚すぎて流れ、棚板まで到達。waddingの一つもくっついてとれなくなりました。
018a
直径14cm×高さ6cm
Tuff Buff,
Bisqueware,
Tenmoku
ひびは入るは、厚く掛かりすぎた釉薬が流れて棚にくっつくは、今回最悪の失敗作。
19 019
直径16.5cm×高さ8cm
Tuff Buff,
Bisqueware,
Eucetace White(内側)
これも大きなひびが入ってしまいました。sodaの感じは悪くなかったので残念。

topに戻る