Hanna日記 2003年8月 & 9月

Sat, 9/27/2003 ビーチフラッグ  
最近Hannaとの遊びで流行っているものがあります。それは「ビーチフラッグごっこ」。ビーチフラッグというのは浜辺でライフセーバーの人たちがトレーニングも兼ねてやっているもので、スタート地点に伏せた状態からダッシュし、砂に立ててある小旗を先に取った方が勝ちという瞬発力を競うゲームです。Hannaとのビーチフラッグごっこは、小旗のかわりにお気に入りのおもちゃを使います。ただし、目標までの距離が短いため(長かったらもっと勝ち目がないかも?)人間は到底Hannaにかなわないことが判明、よってスタート地点をずらしてハンディーをつけます。そしてかけ声とともに走っておもちゃを取りに行くという無邪気だがけっこう燃える遊び。Hannaの運動になるだけでなく、人間の方もけっこう消耗するのが良いような悪いような。
Fri, 9/26/2003 新しい芸に挑戦  
近頃おもしろい芸も教えていなかったので、初心に返って何か教えてみることにしました。ひとつは、実家の愛犬ボスの得意技だった、「あご」。パピーの頃に教えようとしたがshake(お手)などと混同するためお蔵入りになっていた芸で、出された手の上にあごをのせるというもの。単純だけれど、やってもらった人は結構感動するのです。そしてもうひとつは、大きいHanaちゃんの十八番、「鼻芸」。結構高度なこの芸は、鼻の上にクッキーを乗せてstayし、よしの合図でそれを上手に投げて直接キャッチして食べるという技です。いまのところ、「あご」の方はだいたいできています。「鼻芸」の方も、初めてチャレンジしたときはクッキーに目線がついて行ってしまうためにとても鼻の上に乗せるなんて無理という感じだったものが、なんとか一瞬なら乗せていられるようになってきました。直接キャッチするという部分は、成功率10パーセント。これからがんばって練習しよう〜。
Mon, 9/22/2003 ドッグフードに戻す  
とりあえずゲロゲロ吐くこともなくなったので、いつも通りのドッグフードに戻すことにした。でも「粗食」があんまりおいしそうだったので、これからはときどきフードにゆで野菜を加えてあげることにする。あるいは、毛が抜けてピンクの地肌がのぞくようになってしまったお腹に毛がいっぱい生えるように、わかめでも食べさせたほうが良いだろうか…。
Sat, 9/20/2003 Bark in the Park 本日の体重: 約29.5kg

今回の戦利品はハワイアンな首輪でーす。
  San Joseの公園で行われたBark in the Parkというイベントに行って来た。去年も行ったこのイベントは、警察犬や羊飼いのワンコなどのデモがあったり、いろいろな犬関連のショップなどがブースを出していたりして、もちろんワンコも一緒に参加できるというものだ。今年は不景気を反映してか?去年よりもブースが少なめ。特に楽しみにしていた犬用ゴーグルを扱っている業者が今年は来ていなくてがっかり。去年試着して写真だけ撮って帰って来てしまったのだが、必要はないけどカッコイイので今年は買ってあげようと思っていたのに…。いつもお気に入りの自然派ビスケットのさつまいも味と、ハワイアンな生地でできた首輪を購入した。また獣医さんのブースで歯の検査をしてもらい、奥歯に若干の歯垢があることを指摘される。実は(み)は気付いていたので、最近慌てて歯磨きの頻度を増やそうと努力しているところ。
それはそうと、夜(み)と(よ)がテレビを見ながらワインとチーズで酒盛りしていると、二人がちょっと立った隙にHannaはコーヒーテーブルの上にあったパルミジャーノチーズの固まりをぺろりと食べてしまった。部屋の隅で寝ていると思って油断したのが間違いであった。テーブルの上のものは取っちゃいけないっていつも言ってるのに、ぷんぷん!食べ物の管理には、以後気をつけます…っていつもそう言っているような気もします。
Sat, 9/13/2003 ガレージセール  
自宅のガレージ前で、友達数人と不用品をもちよってガレージセールをした。コリーナちゃんのパパ&ママも参加してくれたので、Hannaとコリーナちゃんは玄関前の木につないで「看板犬」として働いてもらうことに。実際客寄せにはあまり貢献しなかったような気がするけれど、2匹とものんびりとすわったり寝て過ごしていて、それも2匹はなぜか同じような姿勢で寝転がることが多く、姉妹みたいでかわいいのだった。
Fri, 9/12/2003 ごはん食は…  

夕食の後、鼻の頭に"弁当"がついているHanna。
  ごはん食に変わって約1週間、Hannaの生活に若干の変化がありました。それはうんちの回数が1日2回だったものが1回に減ったということです。ごはん食だとエネルギー効率がいいから排せつが少ないのか、食べさせている量が足りないのか?しかしお茶碗1杯半のご飯を2回もあげているので、これ以上あげたら炭水化物の採り過ぎではなかろうか?(よ)の意見では、ごはん食になってから回数は減ったが「より良いうんち」になったような気がするという。良いうんち、ってどんなうんち?
Thu, 9/11/2003 ワンコの会  
いよいよ(ま)さんの帰国が近付いて来たので、もう一度ワンコたちに会ってもらおうと、我が家で急きょワンコの会を開催した。大きいHanaちゃんもコリーナちゃんも、みんな(ま)さん大好き!彼女のお陰で3匹はお友達になったし、(み)にも頼れる犬友ができたのだ。感謝感謝。次からのワンコの会には(ま)さんがいないのは寂しいけど、また日本で再会できる日も来るでしょう。
Tue, 9/9/2003 またゲロゲロ  

夕方の散歩の後、庭でまた吐いた。芝生と思われる草がいっぱい出て来た。これをのどに引っ掛けたのか?それとも本当に胃の調子でも悪いのか?

Mon, 9/8/2003 胃薬を飲ませる  
粗食に切り替えて2日目、夕方また吐いた。Pepcid AC 1錠を夕食時に飲ませる。
Sat, 9/6/2003 "粗食"に切り替え  

今日からしばらく"粗食"です。
  お医者さんで粗食に切り替えるようにといわれてから2日、とりあえず異常は見つからなかったんだからと思い今まで通りのご飯を食べさせてきた。ところが今日、また胃液を吐いたので、晩ご飯から、いよいよ粗食にすることにしました。ご飯と、チキンのゆでたのと、ほうれん草や小松菜などのゆで野菜のミックス。どれくらいの量を食べさせれば良いのかよくわからないんだけど…。いつものドッグフードはいかにもって感じの見かけだけど、チキン&菜っ葉まぜご飯は見た目もおいしそうで、これって粗食なの?という雰囲気。Hannaはこれを食べてくれるのかどうか心配で見守ってしまいましたが、初めてのご飯、クチャクチャ噛んでちょっと食べにくそうではありましたが(いつものご飯はほとんど丸飲み)、最後には一粒残さず完食。好き嫌いのない子で楽です。
Thu, 9/4/2003 またまた獣医さんへ行く 本日の体重: 66Lb(約29.9kg)
実はこの1週間ばかりの間に2〜3回も、ゲロゲロ戻すことがあった。食べ物を吐くというより、出てくるのは胃液とだ液だけ。庭で草を食べたりしてのどに引っ掛けて戻すことは今までにもあったけど、これだけ頻繁なのは初めてなのでちょっと心配になり、お医者さんに連れて行くことにした。快食快便だし元気なんですけど念のため。
お医者さんに事情を説明すると、お腹を外から触って異物がないか調べてくれた。とくに異常なし。さらに一応レントゲンも撮ることになった。レントゲン撮影って立ったままできるのかと思っていたけど、テーブルの上に横向きに寝かされたり、仰向けにされたり。そんな姿勢で落ち着けるわけもなく、病院の技師の人が2人掛かりで押さえてなんとか撮影した。
そして、待つこと約15分、レントゲン写真は見せてくれなかったけど(Hannaの中身がどうなっているのかちょっと興味があったので残念)、特に何の影も写っていないようだとのことだった。とりあえず、食事を胃に優しい"粗食"にし様子を見て、2週間しても続くようならまた来るようにとのこと。ご飯やチキン、食パンなんかをあげると良いでしょうとのことでした。さらに、人間用のPepcid ACという胃薬(胃酸過多のための薬)を飲ませてみるのも良いらしい。
さらに今回のチェックで、左耳の中が炎症を起こしていることが判明した。これは明らかに留守番中にかかってしまったに違いない。そういわれてみれば、帰って来てからというものちょっと耳がかゆそうだったような、そうでもないような。小さい頃から耳をかくような仕草はよくするので、違いが分かりにくい。耳のおそうじ液(週に2、3回、耳に入れてもみもみして洗浄する)と、液状の薬(1日2回)をもらった。
ところで、家に帰って来てから気付いたんだけれど、最近抜け毛がすごーく多いHannaは、お腹のもともと毛が少ない側がかなり薄くなっている。角度によっては地肌も見えるくらい。もともと毛深くて真っ黒のHannaなのでちょっと哀れな感じ。よく見ると首輪のあたりののど元も薄くなっているところがあり、レントゲン撮影の格闘で首輪が擦れたのか、ちょっと皮膚が赤くなっているところすらある。あらあら。急なダイエットのせいか、1か月もの留守番の精神的ストレスか、はたまたアレルギーか…。これはもうしばらく様子を見て、あんまり毛が薄くなるようならまた別件でお医者さんに見てもらいましょう。
Mon, 9/1/2003 クレートが得意になった  

ここにいれば良いんでしょ。
  7月のお留守番中にクレートに入れられる機会がたびたびあったせいか、昼間クレートに入れられても出たがってワンワン吠えることがなくなった。開けてもらえれば急いで出てくるのは変わらないけれど、出してくれないならここで待ってるからいいわよーだ、という感じ。
Tue, 8/26/2003 ワンコの会  

お休み中です。いや〜よく遊んだ。
 

ひさしぶりのワンコの会。今回はお庭での開催となりました。発起人の(ま)さんが残念ながら日本に帰国してしまうことになったため、お世話になったワンコたちもさよならのご挨拶…なんていう意図はワンコには伝わっていなかったけれど。今回は、(まy)さん家のポメラニアンのパピー、ぽんぽんちゃんが初登場してくれました。残念ながらHannaとコリーナちゃんに追いかけられちょっと困惑ぎみで、あっというまにお疲れモードになってしまったのですが、そのちょっと疲れた表情がと〜ってもキュートなのです。某金融屋のCMに出てくるチワワのくうちゃんに匹敵するかわいさ。みんな「きゃー、やっぱり小型犬もかわいいかも〜」と目を輝かせてしまいました。
一方、Hannaたち大型犬メンバーたちはいつもの調子で大暴れ。大きいHanaちゃんはテニスボールを大事にくわえていろんな人のところを行き来します。相変わらず他の犬には興味なし。Hannaは時々人のところに挨拶に行きつつ、コリーナちゃんをしつこく追いかけまわして遊んでいました。そして、今回はお下品な新技を開発してしまったHanna。なんとじゃれあっているうちに、コリーナちゃんの「まわしを取る」ことを覚えてしまったのです。コリーナちゃんの首輪をくわえて引っ張るというなんとも荒っぽい技。もー、もっと女の子らしく遊んでちょうだいよ!

Fri, 8/15/2003 お客さん  

今そこにリスが!ほらほら!尻尾にただよう緊張感。
  日本から無事に戻って来たということで、久しぶりにお友達と外へランチに出かけ、その帰りにみんなが我が家に寄ってくれました。Hannaはもちろん大喜び。しっぽふりふり、体くねくねしながらお出迎えです。でも、心なしか以前より挨拶の仕方が大人しくなったような気がします。以前ならぴょんぴょん飛び跳ねていたけれど、今回はほとんど立ち上がろうとすることもなく、足元でくるくる走り回るだけ。1か月のお留守番で精神的に成長したのではないかというのが(ち)さんの意見。そうなのかな?
Tue, 8/12/2003 コリーナちゃん再び登場  
← あ〜疲れた。どたばた走り過ぎた。   (み)さん&コリーナちゃんが再び我が家に登場してくれました。今日も2匹は元気に走り回る。Hannaとの追いかけっこで、コリーナちゃんはキッチンとリビングの間に設置したつっぱりゲート(高さ約80cm)を飛び越えた!らしい…私は目撃し損なったのですが。室内で助走も着地も狭い中で、さすが身軽なコリーナちゃん。というより、これぞ火事場のくそ力というものかもしれません。
→ 二人そろっておあずけ中。双子のようなCorinaちゃんとHanna。  
Tue, 8/5/2003 大きいHanaちゃん宅を訪ねる  

Hannaは初めて大きいHanaちゃんのお宅にお邪魔しました。Hanaちゃんのママに挨拶をすませ、Hanaちゃんに遊んでくれるように頼んだものの、やはりあっさりと断られて暇になってしまったHanna。大人しく寝ていればいいのに、そんなことできるはずもなく、お宅を隅から隅までチェックして歩き、なにかおもちゃや食べ物はなかろうかという雰囲気でウロウロ物色しっぱなし。あさましい。立ち入り禁止の2階にもふらふらと立ち入り、まったく行儀も落ち着きもあったものではありません。留守番中にWandaさんのお宅でやっていたのはこれか…。目が離せないわけです。

Mon, 8/4/2003 コリーナちゃんと再会  
お留守番後はじめてのお客さんは(み)さん&コリーナちゃん。久しぶりに会ったけど、二匹はやっぱり仲良し。なかよくじゃれあっていると思うとHannaが興奮し過ぎてしつこくなるのも前と同じです。あんまりしつこいのではなを退場させたら、間を隔てる突っ張りゲートの網越しにくんくんして面会していました。ちょっとカワイイ。コリーナちゃんも、Hannaちゃんしつこくてイヤ、と思いながら、実はHannaがいなくなってしまうと寂しいようで、鼻をクンクン鳴らしてHannaを呼んでました。
 
©Miyuki Koyanagi