Wan日記2002年 - 1月&2月


2月までのまとめ:生後14週
生後約3ヶ月のHannaは、毎日すくすく成長し、それにつれて日々新しいいたずらを編み出している。取ったものはすぐに破壊しないで、誰かが止めにやってくるのを待つのが好き。最近は食欲もますます旺盛になり、ご飯の直後でもおやつのために知る限りの芸をする。うちに来たばかりの頃は、人がそばにいないと寂しくてご飯も食べられなかったのに、最近は完全に「食欲>愛情欲」なのだ。来るべき一日2食の生活に、Hannaは耐えられるのか?
からだ
体重2/27現在、23Lb(約10.4kg)
うちにきた当初から、細面で子供っぽくないHanna。最近は体もがっちりしてきて、ますます大人っぽくなった。パピークラスで会ったゴールデンのJason君の方が、体はHannaよりもふたまわりくらい大きいけど、頭が大きくて断然子犬らしい。
しつけ
Sit家にきた直後から、できるようになった。最近は食べ物がなくてもできることが多い。ただし、お客さんが来たときなど、超興奮状態のときは成功率0%。
DownSitの確率が上がったので、伏せにも挑戦中。これも落ち着いているときならなかなかの成功率。70%くらいかな。
Come安全のためにも一番大事なのに、難しい呼び戻し。今のところ、気が向いた時以外は、おやつのためでもなければほぼ完全に無視。または、こっちの手が届かないところまでしか来ない。
ハウスご飯をクレートの中で食べさせていたため、食べ物が欲しいときはコマンドがあってもなくても勝手に飛び込んでいく。夜寝るときも、ここに入るということは覚えたようだ。それ以外のときはあまり確率はよくない。安心して早くから練習メニューからはずしたのがいけなかったのかも。最近練習を復活した。
Heel人の左側について歩き、人が止まったら座るというやつ。現在のところ、このコマンドを聞いたら左側について座るというのを練習中。おやつやおもちゃのためなら、確率は95%以上。普段は50%くらい。ただし座る位置はいまいち適当なので、場所を指差して直させることが多い。
いたずら人の目を盗んでものをとる。テレビのリモコン。スリッパ。盗み食いに成功し、ダイニングテーブルの上には食べ物があることを知ってしまった。「誉めるしつけ」で「してはいけないこと」を教えるのは大変。

Wed, 2/27/02 パピークラス
今日の体重:23Lb(約10.4kg)
帰宅後、晩ご飯を食べ終わったとたんに爆睡するHanna。Jasonとのプロレスごっこはかなりエネルギーを消耗したらしい。
行きつけの動物病院で、週一回の子犬の訓練教室に行き始める。今日は、Hannaは他のクラスメートとじゃれ合い、飼い主の私達は基本の訓練の仕方についての話を聞く。Hannaをたくさんの子犬と会わせるのは初めてなので、どうなるのか興味深かった。先生の指示でリードをはずすと、怖気づくこともなく部屋を隅々まで探検し、ほかのわんちゃんとくんくん挨拶する。1時間のクラスの後半には、4ヶ月だが巨大なゴールデンのJasonくんとプロレスごっこで盛り上がった。やっぱり子犬同士の遊びは楽しそうだ。そして、タイミングよく先生の前でおすわりをして、サンプルのご褒美をもらうちゃっかりぶりも発揮した。
それにしても、さすがに先生のわんちゃんはすごい。コマンドを完璧に聞くのはもちろん、先生に資料の紙をもらって、なんとそれをただじっとくわえて待っているのだ。紙といえばどんな犬にとっても魅力的なおもちゃ。びりびり破るのはサイコーに楽しいはずなのに。大きなジャーマンシェパードなんだけど、知性がオーラとなって現れて、かっこいい!Hannaも将来はあんなふうになれるといいな。そのためにも宿題はがんばろう…今週の我が家の重点項目は、呼び戻しかな。

Tue, 2/26/02 はじめての盗み食い
とうとうやってしまった。(み)がオフィスで留守電チェックしている隙に(この部屋はケーブルがいっぱいなので、まだHannaは立ち入り禁止)、テーブルの上に置いてあったお昼の残りのブリトーをぺろりと食べてしまった。
私達がHannaの立ち入り禁止の部屋にいる間、Hannaはたいてい扉の前で座って待っているか、リビングに戻っておもちゃで遊んでいる。しかし今日は、なんとなーく不思議な顔つきをしたHannaがリビングにいた。部屋を見渡すと、ブリトーの包み紙が!中身はきれいさっぱりなくなっている。やられた!
なんといってもメキシカンだ。豆のブリトーであまり辛くはなかったけど、チリだって入っているし、玉ねぎも入っているはず。調子が悪くならなければいいけど。。。

Sat, 2/23/02 床屋のわんちゃん
今日の体重:約10kg
クレートのなかからマットを引っ張り出してしまう。自分より大きいものと戦うのは燃えるのだ!
(よ)の行きつけの床屋さんには、わんちゃんがいる。女の子だけど名前は「ポチ」。ジャーマンポインターの彼女は、短毛で脚の速そうな体型の、かっこいい猟犬なのだ。ご主人が撃ち落した鳥のところまで案内するのが仕事。床屋さんにいるときはいつも、店先でひなたぼっこしながらじっと野鳥を観察しているそうだ。日ごろから鍛錬?とにかく、昼寝と散らかしが仕事のHannaと違って、ちゃんと働く女なのである。
今日は、そのポチ姉さんにHannaを会わせに行く。今まで散歩の途中に会った犬には、緊張しながらくんくんされるだけのHannaだったが、ポチとは波長が合うと思ったらしく、いつも人にするようにジャンプしてじゃれついた。しかし、落ち着きと集中力が自慢のポチ姉さんとしては、調子が狂ってしまったようだ。Hannaが後ろを向くと近づいてきてくんくんするのだが、Hannaがじゃれ始めると急いで去っていって、3メートルの距離を保とうとする。接近すると、なぜだかHannaのまえでくるくる回転してしまう。ちびっこに会って、うれしいんだけどどうしていいのかわからない、という雰囲気だろうか。

Tue, 2/19/02 背が伸びた
今日の体重:約9.5kg
最近ぐんと背が伸びたHanna。ピアノの鍵盤にも手が届く。ダイニングテーブルにも手が届く。毎日囲いから出たくて立ち上がっているうちに伸びたのではないかと(よ)は言う。このままでは胴長女になってしまうのか?とにかく、届くところが増えていたずらの範囲も広がったことは、Hannaにとってはウレシイ知らせ。

Sun, 2/17/02 キッズと遊ぶ
(な)ファミリーが遊びにきてくれる。キッズ好きのHannaにとってこの日は今までの人生最高の日になった。5歳の(み)ちゃんと2歳の(り)くんにいっぱいキスをして、追いかけっこもしてもらって、ご満悦。(り)くんは、同じような背の高さのHannaにキスされても平気な顔で、器の大きさを感じさせてくれました。そして、(み)ちゃんはHannaに晩ご飯もあげてくれて、たくさんなでなでしてくれました。

Thu, 2/14/02 バレンタインチョコレート
今日はバレンタイン。夕方、日ごろのご愛顧に感謝して、甘党の(よ)のためにチョコレートケーキでも焼こうかと思い立ち、作業をはじめた。ココアたっぷりの生地を混ぜていると、ずっと足元でうろうろしていたHannaが急にいなくなった。見ると、初体験のものを口にしたときの表情を見せ、鼻の頭に茶色いものがついている。まさか、ケーキの生地がこぼれて、それをなめたのでは?
(み)は急激に心配になった。チョコは犬には毒だという話だ。それも、昼のペイントの教室で、知人の飼い犬がチョコ中毒で救急病院に行ったという話を聞いたばかり。急いで片付けていると、とことことHannaがやってきて、洗い物をしている(み)の足元で丸くなって寝始めるではないか。キッチンでこんなおとなしいなんて前代未聞。そんなにたくさん食べたとは思えないが、子犬だし、チョコ中毒かも!
かかりつけの動物病院は24時間救急もやっているので、こんなときには心強い。電話して聞くと、hydrogen peroxideを飲ませて、胃の中のものを吐かせて様子をみなさいとの指示。よく話を聞くと、どうやらそれはいわゆるオキシドールで、ドラッグストアに行くと買えるというのだ。急いで調達してきて、何も道具もないので、Hannaの口を無理やりあけて流し込む。ああ〜これで(み)に対する信頼度は急降下だろうな。。。
実際チョコ中毒だったかどうかはわからずじまいだけれど、2時間ほど後にはまた元気になって、家中のものにいたずらをはじめた(これは、お腹がすいたときの合図)。でも今日は、かわいそうだけど晩御飯はいつもの半分。とにかく元気になってよかった。知人の話の影響でちょっと過剰反応してしまったかも。ゴメン。あー怖かった。
ところで、今日はバレンタインディナーを作る予定だったけど、そんなこんなで普通の晩御飯に格下げ。ケーキも、どたばたしたためあまり出来栄えはよくなかった。これまたゴメン。

Tue, 2/11/02 チワワとの再会
午後の散歩中に、放し飼いのチワワに出会う。このチワワ、ちっちゃい体だが(だから、かも)すごい形相で唸りながら吠えるのだ。Hannaはお散歩初心者の頃、(よ)と二人でこの犬に追いかけられて走って家に帰ってきた経験あり。そのときコイツは不敵にも我が家の前庭まで二人を追いかけて来たのだ。なかなか凶暴なちびっこである。
こっそり道の反対岸を通りすぎてみることにしたけれど、やっぱりばれてしまって吠えられる。すでに体の大きさでは断然勝っているHannaなのに、過去のトラウマか、完全に腰が引けている。(み)は仕方ないのでHannaを抱え、その場を立ち去ろうとしたが、なんと奴は道を渡って私達についてくる。私もちょっと怖くなった。でもここでまた逃げてしまっては負けっぱなしである。母は強し、と自分に言い聞かせ、私は何度も叫んだ。「この犬止めてください!オーナーさんいますか!」しばらく私達がにらみ合っていると、オーナーらしき中国系のおじさんがやってきて、チワワを叱りながら連れ去ってくれた。しかしこのおじさんも「大丈夫だよ」とか言っちゃって、全然悪びれた雰囲気もなし。こんな攻撃的な態度の犬を放してるなんて信じられない!Hannaがお散歩嫌いになったら、あのチワワのせいなのだ。

Wed, 2/6/02 2回目のワクチン注射
今日の体重:17Lbs 9oz(約8.0kg)
獣医さんに行って、注射と検便。2週間の間に2.5kgも体重が増えていた。注射は一秒もかからない早業で、Hannaは気づいてもいない様子だった。寄生虫もなく、異常なし。ただ、皮膚が少し乾燥気味ということで、fatty acid(脂肪酸)のカプセルを処方された。黒い犬なのでフケが目立ってしまうのでした。

Mon, 2/4/02 悪魔?天使?
盛り上がってハイパー状態になったHannaは、小悪魔。人の言うことはぜんぜん耳に入らないし、制止を振りきって家の中を全速力で駆け回るし、まったく制御不能です。挙句の果てには、ソファーに飛び乗ろうとしたり、家具の端っこをくわえてみたりと、(み)にダメといわれることばかりをやって見せはじめる。どうも、こういうことをすると(み)が止めについて来るので、それが楽しいようだ。ムカツクー。
で、そういう子は囲いの中に戻されるわけですが、すると数分もしないうちにゴロンと寝転がって熟睡し、今度は天使の寝顔。これに騙されてはいけない、でも、すごくカワイイ。

Sun, 2/3/02 ハイパーHannaの愛情に、日本男児の目にも涙
Hannaは人に会うのが大好き、大人もいいけど子供はもっと大好きなのだ。今日のお客さまはこれまでの最年少、1歳の(ま)君である。先日の街歩きでベビーカーに乗った赤ちゃんに会ったけど、そのときはちょっとクンクンさせてもらっただけだったのでノーカウント。
(ま)君は輝く目をした日本男児である。喜び勇んだHannaは、いつものように囲いの上から顔を突き出して、キスしようと迫りました。しかしいつもとは違って、今回二人は同じくらいの身長だった。あまりの急接近&熱烈アタックに、(ま)君の目には涙がポロポロ…。愛情表現にも加減が必要ということがわかったかい、Hanna?(ま)君のパパ&ママ、スミマセンでした。今後キビシク指導いたします。

Sat, 2/2/02 取って来れないリトリーバー
家の中や庭で、よくテニスボールを投げて遊んでいる。Hannaはリトリーバー、取って来るのが仕事の犬なのだ。ボールを持って来るのは本能と期待していたのに、彼女は、ボールを追いかけるのは好きだけど、取ったものは人に渡したくない、わがまま女なのであった。それじゃ普通の犬と一緒じゃない。

Fri, 2/1/02 スターバックスでランチ
今日の体重:約7kg
庭の探検は一番大好きな時間。植物の葉っぱをちぎってくるのは楽しい!
元N社の仲間と、久しぶりにランチに出かける。パン屋でサンドイッチを買い、スターバックスでコーヒーを買ってテラス席に陣取る。(み)の友達にばっちりペロペロ挨拶し、得意のSitを披露して拍手喝采を浴びました。
外で、それもずっと一箇所にとどまって長時間過ごすのは初めてのHanna。通りがかりのひとみんなに会いに行きたがるのは相変わらずだけど、だんだんみんながHannaに興味があるわけではないことがわかってきたようです。徐々に落ち着いてきて、最後にはブランケットの上ですやすやお昼寝、いい子にできました。

Thu, 1/31/02 ダウンタウンを闊歩
今日はLos Gatosダウンタウンで街歩きに挑戦。たくさんの人を見るのは先日(み)に連れて行かれたトールペイント教室以来です。それも今度はみんな歩いている(前はみんな座ってた)! 見る人すべてに挨拶に行きたがるHanna。のんびり散歩どころではありませんでしたが、途中ベンチで休んだりしながら、たくさんの人に撫でてもらいました。途中よその子犬や、犬好きの男の子に出会って、すごくうれしそうでした。

Sun, 1/27/02 Sitができる?
散歩の練習。外には誘惑がいっぱいで、ずっと左側を歩かせるのは難しい。
あんなにひどかった夜鳴きも、ここ数日はおさまっている。でも朝5時にどうしてもウンチがしたくなってしまうようです。もうあと2時間くらいガマンして欲しい飼い主ですが、室内トイレに出してあげます。5時に起きると7時半の起床がつらいんだよねー。人間の睡眠のリズム的には、2時間で目覚めるのはムズカシイのです。
それはそうと、いつのまにかSit(おすわり)ができるHanna。おもちゃや食べ物が目の前にあるときは100発100中です。でも遊んで盛り上がって興奮状態のときは、聞こえないふり。

Thu, 1/24/02 よそのわんこに吠えられた
全速力で走ってくるHanna。あざらしみたいな顔になっちゃった。
家の前の道を、右端から左端まで往復してみる。途中、道の反対側の家の前から、わんこに吠えられてびびるHanna。薄いベージュの、くるくる巻き毛のかわいいわんこだったけど、種類はなんだろう?人好きのHannaは、途中で誰か見かけるたびにしっぽ振り振りしてアピールしたけれど、今日はあまり犬好きの人には出会えず。

Wed, 1/23/02 Hannaちゃん獣医さんに会う
今日の体重:11Lbs 14oz(約5.4kg)
健康診断のため獣医さんに行きました。お医者さんがたくさんいる大きな動物病院で、待合室には他の患畜もいろいろ。Hannaはたくさんの人や犬や他の動物をみてしっぽ振り振りしている。よその人達におでこをなでなでしてもらい、天にも上る気持ちのHanna。飼い主が誰か、知ってるの?
担当のClifton先生はやさしそうな女医さんで、聴診器を当てられたり、体のいろんなところをチェックされるたびに、Hannaはたくさんkissを浴びせてしまいました。
ところで、クレートの中での夜鳴きは、どんなに鳴いても放っておくようにと言われ、肝に銘じなおした飼い主。ご近所さん、これから数日ガマンしてください。。。
いいニュースは、まだ免疫も完全ではないHannaですが、他の犬がうんちやおしっこをしないところなら、近所を歩きに連れて行ってもいいと言われたことです。今が新しい人や物や動物に慣れる一番いい時期なので、いろいろ見せてあげた方が良いとのこと。今まで、うちの中と、あまり日当たりのよくない裏庭しか行ったことがなかったので、これは楽しみです。

Tue, 1/22/02 「ハウス」に挑戦
(み)は、Hannaをクレート好きにさせようと奮闘しています。おやつの時間に、「ハウス」コマンドでクレートに入るトレーニングに挑戦しました。最初はいったい何のこと?という雰囲気だったHannaも、何回もやっているうちにどうするとおやつがもらえるのかわかったようです。時々コマンドできちんとクレートに入っていくことができるようになりました。でも、わかってるけど無視してる雰囲気の時もあるようです。 すごい甘えん坊で、ちびっこだと思っていたけど、なかなかどうして。意外と人の言うことを聞いているし、何に従うか、判断している。今甘やかしたら大変なことになりそうだと、改めて認識しました。

Sun, 1/20/02 初めての夜、そして2日目。甘えん坊のHanna
アタシをこんなところに閉じ込めて何のつもりなの?アタシ悲しくなっちゃうの。
どんな子でも大変という噂のはじめての夜。Hannaにはクレートで寝られる子になってほしいので、初日から早速自分のお家で寝てもらいました。クレートにいれると、1秒もたたないうちからなき始めます。最初のうちは可愛らしく「きゅーんきゅーん」とかいっていたのが、そのうち激しくなってきて、「うぉーん」「がおおおーん」とお腹の底から叫びます。しかしここで近くに行って慰めてはいけないと教えられている私たち、かわいそうで眠れませんが、必死でガマンしていました。
しかし、小1時間たってもHannaの勢いは収まる気配はありません。もう夜も遅いし、ご近所にも響いているかも。(み)は結局、クレートの前に背を向けて座り、Hannaが眠るまで待っている羽目になりました。その後、30分、1時間半、2時間半、の間隔で目を覚まし、(よ)または(み)はそのたびにトイレに連れて行っては、クレートの前で寝るまで見守るという作業を続けたのでした。やれやれ。

Hannaは昼でも夜でもひとりぼっちになるのが寂しいようで、囲いの中にいれると1秒もたたないうちから「くうーん」「わおおおおん」と鳴き始める。私たちがすぐそばにいても同じ。でも誰かがいっしょに囲いの中にいてくれるか、じっと見てくれているかすると、リラックスして一人で遊んだり寝たりできるようだ。もしかしてHannaは相当な甘えん坊?一人で静かにお留守番、への道のりは、思ったよりも長そうだ。

Sat, 1/19/02 引き取り、命名。
今日の体重:約6kg
探検も終わったんで一休み。いびきは写真に写らないでしょ?
いよいよその日がやってきた。ブリーダーさんに電話を入れ、11時半に約束する。 前回見に行ったとき生後5週、今8週なので、その間3週間。家の子はとっても大きく成長していた。でも可愛らしい顔の印象は変わらず。AKC登録用の書類や、世話の仕方の書かれたパンフレット、今までのえさのサンプルなどなどをいただき、持参したブランケットに兄弟やママの匂いをつけてもらって、我が家へ。
ほんの10分ほどのドライブだったけど、家から離れるにつれてみるみる緊張していくのがわかります。(み)のひざの上で、時折「くうー」と小さな声を出す。
家に着くと、まずは家中の匂いチェック。その後、台所のリノリウムの上で、何の前触れもなくおしっこ。初めての家ですがあまりおびえる様子もなく、おもちゃで遊んだり、(み)や(よ)が呼ぶとぴょんぴょんと走って来たりと、なんとか順応している様子です。
早速私たちは、名前を決めました。100に及ぶ候補の中から選ばれたのは、はな(英語ではHanna)です。結局(よ)の思惑通り彼のお気に入りに決まってしまった。名前のとおり可愛らしく、明るい子になろうね。

Tue, 1/15/02 カウントダウン中
(み)は時折空っぽのクレートの前に行っては、にやにやしております。

Sat, 1/12/02 ワンがやってくるまで1週間
我が家にラブラド−ルの女の子がやってくる日まであと1週間。
(み)は毎日しつけ本の読書とグッズのオンラインショップめぐりで大忙し。それを尻目に、いつもどおりのマイペースの(よ)。

(み)は昨日ブリーダーさんに電話を入れ、うちの子の様子をチェックしました。「すごく元気。めちゃめちゃカワイイよー」と、オーナーのマイクは親バカモードです。でも、愛情いっぱいのお家で育った子が来るというのは、私たちにとってもうれしいことです。

グッズの買い物も着々と進み、すぐに必要なものは大体そろいました。その他、オンラインショップで購入したシャンプーなど諸々が、来週届く予定。
今日は、ダイニングルームの片隅にクレートと遊び場所の囲いを設置しました。まだ誰もいない犬小屋だけど、気分はかなり盛り上がります。あと一週間もガマンできない!

次の懸案事項は名前ですが、リストはどんどん長くなるばかりで、一向に候補が絞られる気配はありません。しかし、(よ)には1つお気に入りがあって、もうすでにその名前で呼び始めています。(み)はその日まで名前は決めないと固く誓ったので、そのペースに乗せられないよう、必死で抵抗中です。