◆ 和楽さんのぐい呑み

この夏、カレッジの陶芸の先生に率いられ、日本のやきもの産地、作家さんを巡る旅にでかけました。これはそのときに購入したもののひとつ。京都の楽焼の窯元、和楽さんの、黒楽のぐい呑みです。楽焼といえば茶陶として知られていますが、お酒の器もいいです。口縁のぽってり感、楽ならではの軽さもお気に入り。 (Sep. 2005)